行政書士試験を目指す

行政書士試験を目指す

管理人が行政書士試験を受験していく中で集めた情報や受講した講座などの感想を記載するブログです。

【評判、過去問講座、模試なども詳しく解説】合格者が教える東京法経学院のメリットとは?

f:id:onsokukun:20190115180208p:plain

 

この記事は東京法経学院を利用して行政書士試験に合格したimakenさんに執筆していただきました。

 

はじめに

私は、行政書士を取得する前から東京法経学院が発刊している不動産法律セミナーを定期購読していました。不動産法律セミナーは法律改正やその年の予想問題特集などタイムリーな情報が満載で、セミナーの紙面に合格者体験記が掲載されていました。

 

掲載されている内容を読むと多くの合格者の方が東京法経学院の通学講座や通信教育を利用し、合格していました。

 

私は最初のうちは、宅地建物取引士を3年前に合格し、法律の基礎知識はあるので、独学で合格できるかなぁと簡単に考えていましたが、短期で合格するには、通信講座と科目別答練講座をセットに利用しようと思いました。

 

法律の範囲も行政法・行政手続法関係は宅地建物取引士を受験する際には勉強してなかったので分からないところが多く、答練で分からないところを直接質問できてとてもよかったです。

自宅で過去問・通信講座の問題を解き、わからないところを答練で講師の先生に聞きながら苦手科目の克服に努めました。

 

全国公開模試も全体的な試験の進め方や雰囲気に慣れることができ、結果的に合格点で合格というギリギリのラインでしたが、短期間で空き時間を利用し、子育てをしながら、無事合格できてよかったと思います。

 

 まず法律は難しそう・堅そうというイメージがあると思います。私も最初は全く法律用語が頭に入ってこなくチンプンカンプンでした。

 

法律は一般の人々が生活をするうえで、守るべき規則のようなものと講師の先生から教えられたので、わからない用語は調べて、自分の言葉で書いた一問一答のようなものを作成し、法律用語に慣れていくようにしました。

 民法は宅地建物取引士を勉強した際にまず文章を深く読む前に位置関係の簡単な図式を

書いてみて、複雑に書いている問題文を実際の場面に置き換え、考える練習を何度もしました。

 

反復して練習をするうちに問題のパターンが類似していることが多く、徐々に点数も上がり始めて問題を解くことが楽しくなっていきました。

 


 

1.東京法経学院の基本講義、教材等(最強の過去問)のイメージ・内容 過去問講座の内容

 私は通信教育で一通りすべての科目を広く浅く勉強しました。

そのあと、自分の苦手な科目である行政法等の答練を勉強したかったので、ベストセレクト答練を受講しました。テキストが単元ごとにわかりやすくまとめてあるので、単元ごとの勉強と答練で基礎の力をつけることに重点をおきました。過去問題は何年に出題されたものであるかわかり、自分で過去問題集を購入し、付箋をつけて、何度も取り組みました。

 

2.模試、答練、アウトプット講義等のイメージ・内容 模試の内容

 全国統一模試は本試験内容と類似したものを一度受験しました。答練は受講の際に科目別の試験を受けていましたが、 過去問題を中心に法律改正にも即した問題が多く、自分ではなかなか情報が得られない問題が多かったので受験の際に大変役に立ちました。

 

3.講座の価格とコストパフォーマンス

 合格した年の前年に通信教育で約10万くらいかかりました。翌年に答練を受け、7万円程度でした。答練が福岡校でしか開催してなかったので、毎回長崎から福岡に通うのに交通費がかかりました。

4.他塾との違い

 私は宅地建物取引士を大栄国家試験学院を利用し、取得しましたが、東京法経学院は法律の資格取得にたけた講師陣の先生の経験が豊富であるのと、大栄国家試験学院よりも受講者の年齢層が高く、しっかりとした目的意識を持った方が多かったので、勉強する体制は私に合っていたのではないかと思います。

 

5.行政書士試験のために東京法経学院を利用するメリット・デメリット

 不動産法律セミナーの書籍を通して不動産の基礎と専門知識を発信している学校であるので、私の中で東京法経学院の講座をしっかりと受講していれば、必ず合格できるという安心感がとてもメリットになりました。

私は結婚して長崎に住んでいて実家が福岡だったので、子供を実家に預けて、答練を受講しましたが、九州では東京法経学院は福岡校しか講座を開催していないので他の地方に住む方にとっては福岡までの交通費等がかかるので、その点はデメリットだと思います。

6.東京法経学院に向いているのはどんな人?

 まず真剣に行政書士に合格して、目的を持っている人でないと講座の内容を理解し、忍耐力を維持できないと思います。何事にもチャレンジする精神を持った人が向いているのではないかと思います。

9東京法経学院を利用して合格できた理由

 通信講座で基礎力を高め、答練で自分以外に勉強している方たちと情報交換をしながら自分のモチベーションを下げずに最後まで頑張ったので合格できたと思います。

8まとめ

 資格取得の目的は十人十色だと思います。自己啓発のため、生活のため、色んな目的があり、時間とお金をかけ、合格という一つの目標のために勉強することは忍耐力・体力がいることです。しかし資格を生かし仕事を完成させたときの喜びは本当に努力が報われたなと感慨深いものがあります。

 皆さんもぜひ迷っていたら資料を取り寄せ、勉強を始めることをおすすめします。

受講生が教える行政書士試験合格のためにTACを利用するメリットとは? テキストや模試、講師の特徴も詳しく解説!

この記事はTACを利用して行政書士試験に向けて学習を進めているだいこさんに執筆していただきました。

 

f:id:onsokukun:20190107143009j:plain

 

 

 

 

1TACの基本講義、教材等のイメージ・内容

受講講座は「プレミアム本科生」です。

テキストは白黒で後からペンで色が引きやすいですが、好き嫌いはあると思います。

 

テキストに対応する章や節ごとの過去問題集とミニテスト付きの黒板議事録が付いており、ノートを自分で作る必要はありませんでした。講師は神田理生氏で言い間違えが無く、聴きやすい印象です。

 

講義の冒頭に重要な箇所をテキストにアンダーラインや追記し復習しやすいように講義をしていました。

 

予習よりも復習を重視する内容で実力完成講義は本試験の解き方や作法を伝授する内容で初学者でも正答に辿りやすい内容ではと思います。

 

記述対策は講座の初期から意識した内容で書く練習を積むことが出来ます。

しかし、商法会社法にはあまりウエイトを置いてないです。

 

得点源の行政法民法で合格ラインの積み上げを狙う講義で、メリハリをつけた内容です。

 

文章理解も解き方のテクニックが中心で基礎法学も優先順位は低めの設定です。記述対策は条文中心の穴埋めから入り40字の長文練習を行います。

 

出題実績の無い論点から今後出題されるヤマ当てをTACが予想する箇所がテキストに反映されて使いやすい印象でした。

 

2模試、答練、アウトプット講義等のイメージ・内容

模試や答練は本試験より若干難しい内容で、過去問から問われ方をアレンジされた内容です。

 

答練の記述問題は相当研究しており、本試験の記述問題の3問中2問で答練の類似問題が出題されました。

 

過去問も昭和62年からの出題実績から分析して傾向と対策を取っており、幅広く出題されていると思いますが司法試験や司法書士といった他資格の問題採用は無かったです。

 

択一や個数問題、長文問題、現場思考の問題と解く順番も初学者が少ない労力で効率よく合格ラインを突破する想定の内容でしたが学習経験者はやや物足りない印象を受けるのではないかと思います。

 

3講座の価格とパフォーマンス

価格は約20万円で高い方だと思います。

 

教材は充実していましたが、過去問題集を極めたい方は、市販の肢別問題集と記述対策のオプション講座をオススメします。

 

オプション講座は3〜4万円と高いため費用対効果の見極めが難しいです。

 

苦手科目の補充で追加すれば良いと思います。一般知識の出題傾向が変化したためオプション講座は受けた方が良いと思います。

 

4他塾との違い

講師によって合う合わないがあると思いますので無料講義の機会があるのが便利です。

復習のweb講義フォローは大変便利でした。

 

著名な講師がいないですが、どの講師もよく試験を研究しており、講師の当たり外れは少ないと思います。司法書士や司法試験、公認会計士の問題集を引用しておらず行政書士専用に練られた講座になっています。

 

合格ラインの180点にこだわった内容で初学者でも一発合格が狙える分、学習経験者や上級向けのカリキュラムは少ないです。

記述式の採点は機械的にではなく講師がしっかりとキーワードで採点したのが良かったです。

 

5行政書士試験のためにTACを利用するメリット・デメリット

メリットは自身の経験から本試験の択一と記述式のヤマ当てが期待できると思います

 

またweb講義のフォローで復習できて便利でした。

 

2018年以降、出題傾向が変化した一般知識も対策できると思います。

 

デメリットは合格目標の場合、別売りの肢別問題集や予想問題集を追加で買う必要があり不便でした。

 

また講座が高めの設定でオプション講座も3〜4万円と高いため費用対効果があるか見極めが必要です。

 

6TACに向いているのはどんな人?

合格実績からの安心感と多彩なオプション講座が選べること。苦手科目を捨てて得意科目を得点源にする効率重視の方。web講義が充実。満点狙いでなく合格ラインの180点目標の講座で基本の知識の理解に努められる人。講座とオプションで予算を割くことが出来る人が向いています。

講座は週に2コマで計70回以上のためコツコツ復習をしながら消化出来る人。

答練の提出期限を厳守し学習ペースを守れる人。講義の欠席をweb講義でリカバリーできる人。

 

7まとめ

TACは講座を受講し復習をしっかりと行うと合格ラインに辿りつけると思いますが

推奨600時間〜の勉強時間に対し800時間以上の勉強時間は確保しておいたほうがいいと思います。

 

市販のTAC予想問題集を追加で購入して分析しながら解くとさらに合格の可能性が高まります。学習メディアはwebやDVDもありますが、通学の方が直接質問できて、実務を交えながら答えてくれるので通学をオススメします

あくまで合格ラインの180点目標を取りにいく講義で効率重視のため、行政書士実務は別との割り切りがTACのスタンスではと思います。

資格試験の勉強時間を確保するために私がやっている5つのこと

資格試験の勉強時間を確保するために私がやっている5つのこと

f:id:onsokukun:20181124195746p:plain



今回は行政書士試験、司法試験予備試験受験生の私が勉強時間を確保するためにやっていることをご紹介します。

 

 



1移動時間は絶対に勉強

 

私は大学まで片道一時間半かけて実家から通っています。

 

往復では3時間かかることになります。

 

一般的に釣れる時間が長いと勉強時間が削られてしまって大学の近くで一人暮らしをする人に比べて勉強時間が短くなってしまうというデメリットがあります。

 

しかし、電車の移動時間を3時間必ず確保しなければならないというデメリットを逆手にとって、電車内は勉強すると決めることで1日3時間勉強時間を確保することができます。

 

法律系の資格は、 問題集、 基本書、六法、判例集などなど複数の参考書を使用して勉強を進めることが多いので、電車内での勉強は正直やりづらい面もあります。

 

そのため電車内では択一問題の演習を中心に行なっています。

 

特に行政法などは条文そのままを聞いてくる問題が多いので問題集とスマホがあれば勉強することができます。

 

電車内は六法を使用するには少々手狭なのでスマートフォンで法令を検索して勉強を進めています。



2アルバイトは在宅でできるものを選択

 

学生が行うアルバイトとしては、飲食店などの接客業であったり、塾講師などのここまでの勉強をしているというアルバイトを行ってる人が多いと思います。

 

しかし大学生活と資格試験もうまく両立したいと考えた場合、忙しかったり疲れてしまうようなバイトは勉強時間を減少させる原因となってしまうので選択しづらいと思います。

 

そのため私はクラウドワークスなどのサイトを利用して Web サイトの記事を在宅で書く仕事を行なっています。

 

記事を書く仕事は納期さえ守れば在宅で自由に仕事を進めることができるので、資格試験の合間に記事を書くことができ、勉強の妨げになりにくいというメリットがあります。

 

さらに法律に関連したような記事の募集に運よく巡り会えた場合、 記事を書く仕事しながら自分の法的知識を高められるということもあるかもしれません。

crowdworks.jp



3 予備校はオンラインのものを利用

 

移動時間を勉強に当てているとは言っても、 やはり移動時間の勉強だけでは限界があります。

 

通いの予備校 では、自宅から予備校まで移動する必要があり時間的なロスが発生してしまいます。

 

そこで私はオンラインで講義が提供されている予備校を選ぶようにしています。

 

行政書士試験対策はアガルートアカデミーで行い、予備試験対策はアガルートアカデミーや資格スクエア、BEXAを利用しています。

 

これらの予備校は、通学時間を節約できるだけでなく費用も大手予備校に比べて抑えられているのでおすすめです。

 

yobikoulaw.hatenablog.com



yobikoulaw.hatenablog.com



4掃除はロボット掃除機を利用



以前は想像するのが億劫で、自分の部屋の掃除機がけをほとんどしていない状態でした。



そのため勉強しながら常に鼻水をかんでいるような状態でとても効率が悪かったです。

 

ただ掃除機がけには1時間程度かかってしまうので勉強時間を確保したいともあまり掃除を怠ることが多かったです。

 

しかしながら、 ロボット掃除機を導入してからは、自分が買い物などちょっとした外出している間にロボット掃除機を使用することで自動で床を掃除してくれるので、鼻水に悩まされることなく勉強を続けられるようになりました。

 

安いもので7000円ぐらいで購入することができるのでまだ使ったことがない方は試しに一度安いものでいいので使ってみると良いかもしれません。



ちなみに私は ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオというお掃除ロボットを使っています。

 

アマゾンで7000円ぐらいで買える安価なものですがしっかりとゴミをすってくれています。

 

5インプット講義は1.5倍速で受講

 

一般的にインプット講義を受講しただけでは、試験の成績はほとんど上がらないと言われています。

 

私自身それを痛感したのは、司法試験のインプット講座を受講した時でした。

 

インプット講座を長い時間かけて受講した後、司法試験の論文問題を解いてみようと思ったのですが全く手をつけることができませんでした。

 

これは行政書士試験などの他の法律系資格にも言えることだと思います。

 

しかし、いきなり過去問を解いてみるというのもよっぽど頭がいい人じゃない限り難しいと思うので最初にインプット講義を受けること自体は避けては通れないと思います。

 

そこでインプット講義は、1.5倍速で素早く一周してしまうという勉強法を取りました。

 

1.5倍速では頭に残らないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、自分が理解できる動画の速さの限界に挑戦して自分が主観的に理解できていると思う速さで受講すれば頭に残っているのだと思います。

アガルートアカデミー林講師の魅力とは

アガルートアカデミー林講師の魅力とは

f:id:onsokukun:20181122154855j:plain

 

アガルートアカデミーで行政書士試験対策を担当されている林先生は、主に行政書士試験の過去問対策講座をご担当されています。

 

林講師の特徴として解説が非常に丁寧であるという点が挙げられます。

 

例えば、問題の肢一つ一つに対して丁寧な解説を行っています。

 

他の予備校では授業時間が決まっており、授業時間に間に合わなくなりそうになった場合解説が駆け足になってしまったということがあります。

 

しかしアガルートアカデミーはオンライン予備校なので、そのような心配もなく問題の解説を一問一問丁寧に行うことができているのだと思います。

 

また本試験が終わった後に林講師が行政書士試験の記述問題を誰でも無料で添削してくれるというサービスがありました。

 

添削サービスは点数を出すだけでなく点数が付けられた根拠や理由、実際の試験委員の採点では点数がどの程度上下するかなどが付記されており、 非常に参考になるものでした。



また林先生はご自身のブログで定期的に行政書士試験に有益な情報を発信しているので、受験対策として一度みてみるのも良いかもしれません。



ameblo.jp

法学検定上級を受けてきました

法学検定上級を受けてきました

f:id:onsokukun:20181231184952j:plain

 

先月、法学検定上級を受けてきました。

 

法学検定試験は行政書士試験と比べてマイナーな試験なのであまり受験者も多くなく、受験後の情報をネットで集めようと思ったのですが、なかなか情報が集まりませんでした。

 

語学検定試験の公式ホームページには答えが掲載されていたので自己採点して見たところ27点でした。

 

去年の合格最低点が35点、例年は31点前後が合格点なので多分落ちてます(´;ω;`)

 

敗因は、憲法が10問中2問しか取れず2点しか取れなかったというところでしょう。

 

H30年行政書士試験の方では1問ミスに抑えられていたのに2点しか取れないは少々納得がいかない結果となってしまいました。

 

選択科目は必須の憲法民法刑法基礎法学に加えて、行政法刑事訴訟法を選択しました。

 

行政書士受験生なので行政法はやはり選択したいところです。

 

刑事訴訟法は大学の講義を取っていた関係で選択しました。

 

短答対策をほとんどしたことがない刑事訴訟法は10点中6点も取れていたのに憲法は2点でしたね・・・

 

検定上級を受ける方は、刑事訴訟法はもしかしたら比較的簡単な問題が出題されているのかもしれないので、少しでも刑事訴訟法を勉強したことがあれば試験が開始されてから問題を確認してみることをお勧めします。

 

結果が出次第また記事を書きたいと思います



LEC行政書士試験科の魅力とは?

LEC 行政書士試験

f:id:onsokukun:20181222213323j:plain

 今回は、業界大手のLECのレビューをしてみました。

 

 

メリット

 

とにかく手厚い

 

これは特に横溝合格塾plusに言えることなのですが、とにかく講義時間が多いです。

 

インプット型の講義とアウトプット講義を合わせた合計の時間は、 他の予備校と比べても12を争うぐらい多いのではないでしょうか。

 

非常に手厚いプランで、一度レックに入塾してしまえば他のことは何もしなくていいというぐらいに手厚く合格まで導いてくれます。



アウトプット講義が充実

 

内谷式アルティメットコースでは、アウトプット重視しており、徹底的に問題を解いていくという訓練を行っていきます。

 

そのため、行政書士試験に挑戦するもなかなか合格できないという方にはそのうち屋敷アルティメットコースが非常におススメになります。

 

やはり入門講義を聞いて過去問を解いただけでは、合格へのの最低限の知識しかついておらず、運が悪いと何度も落ちてしまうということになりかねません。

 

内谷式アルティメットコースでは予想問題なども含めて徹底的に演習を重ねていくため、合格がグッと近づくのではないでしょうか。

 

デメリット

講義の値段が高い

 

講義時間が長い文やはり講義の価格は高くなってしまっています。

 

しかし、生の授業であるということも考えれば、格安のオンラインで講義動画を提供しているだけの予備校に比べてそこまで高いという感じもしないかもしれません。

 

また早割や奨学生試験を利用して、割引を受けることも可能です。

 

私はレックの奨学生試験を受験して40%割引の権利をいただくことができました。

yobikoulaw.hatenablog.com

 

しかし、レックの映像講義だけのプランにした場合でも、レックの生の講義とセットのプランとさほど料金が変わらないので、映像でいいやという方は他の予備校の方が良いかもしれません。

 

通いじゃないと集中力が持たないという方は、LECは非常におすすめの予備校になります。

 まとめ

レックは、講義の時間やコマ数が非常に多く、合格への手厚いサポートを得られます。

 

さらにアウトプットの授業も多く、合格がグッと近づくと思います。

 

しかし映像授業だけをとった場合他の予備校に比べて料金がやや高いと感じると思いますので、通いで勉強したいという方にとっては非常におすすめの予備校になります。

レック行政書士試験奨学生試験を受けてきました

レック行政書士試験奨学生試験を受けてきました

f:id:onsokukun:20181222213323j:plain



タイトル通りレック行政書士試験の奨学生試験を受けてきました。

 

とはいっても受けてきたのはしばらく前(11月23日)のことなのですけれどもね(-_-;)



結果は・・・





 

40パーセント割引をいただくことができました。

 

問題は一問一答式50問で、内容としては行政書士試験本試験よりも若干高めでした。

 

制限時間は30分で、時間はややあまりました。

 

一部の問題は司法試験レベルのものもあり、かなり難しい試験だったと思います。

 

私の成績が上位50%だったので、40%割引をいただくことができました。



LECは、早めに申し込むと最大で35%程度の割引がきくようなのですが、以上それ以上の割引率を出すことができました。

 

私の場合本試験の結果待ちなのですが、170点は間違いなく取れているぐらいの成績だったので、合格不合格の当落線上にいるような形であれば40%割引にはなると思います。



強制書士試験の本試験の数週間後に無料で受験することができるので、本試験を受験したけど合格するかまだ分からないという方はレックの行政書士試験奨学生試験を受けてみてはいかがでしょうか。